会社を辞めて自分でお金を稼ぎたい そのために必要になる事

起業独立

人の生き方、働き方はいろいろです。サラリーマンで一生を終えるのもそれはそれでいい事です。しかし、自分の力で事業を起こして稼ぎたい。そう思う人もいます。しかし、事業を起こすにも何をしたらいいのか分からない人も多いです。ここでは起業に踏み出すための基礎知識を見ていく事にしましょう。

起業するためには

会社を辞めて独立すると言ってもいきなり始めれるわけではありません。情報を集めないといけませんし、資格が必要ならその勉強も必要です。このあたりの事はできる事なら今、会社にいるうちに合間を見つけてしておくといいです。 会社に勤めながら起業するためのお金の準備、開業の段取りを考えておきます。

会社か個人事業主

開業するにも個人事業主にするのかあるいは会社を設立するのかを決めないといけません。個人事業主なら開業に必要になる資金も手続きも比較的抑えられます。しかし、会社を設立するとなると、作成、提出するための書類も多くあります。 それに開業資金も個人事業主でするよりは高くなる傾向にあります。また事業するにはその内容によっては、営業許可証を取得しないといけない場合もあります。それに従業員を雇うのなら給与支払事務所などの開設届出書が必要になります。それぞれの会社により必要になる書類が違うますから、何が必要になるのかよく調べましょう。

専門家と手を組み事も大事

個人事業主であれば例えば1店舗位の規模で経営をしていくのなら、それほど専門家に頼る事もないかもしれません。しかし、会社にしたりお店も3店舗も4店舗も経営するようになると、徐々に自分だけの力では難しくなってきます。経営に躓く事が考えられますから、その時にはコンサルタントを付けたり、普段から税理士などとも仲良くしておくと何かと助かります。専門家に相談するのも大きな力になるでしょう。

 

起業をして自分で稼ぎ食べていく事は夢があります。しかし、独立して経営者になる事は想像以上に大変な事でもあります。普通はサラリーマンをしていた時よりも仕事量は増える事が多いです。自分が経営者になるのですから、四六時中経営の事を考えるようにもなります。サラリーマンの時にはない苦労も多いのが事実ですが、それでも自分で稼いだという事実にすごく達成感を得られるのも起業して独立する事で味わえる喜びでしょう。

綿密な計画を立てて自分で稼げる力を付けれるように頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です