Amwayを経験したからこそ起業ができた

アムウェイから学んだこと

27歳Sさん男性

昔からあるビジネスですが、「Amway」という会社がしているビジネスは伸びています。
要は、マルチレベル商法なのだが、そのビジネス法ができる人だけやっていると思います。
ビジネスには合う合わないがあると思います。その「Amway」がしている方法は私が思うに、「社長になれるチャンス」を与えているだけだと思うが、人によっては「このビジネスで友達を無くした。」という方を多々見られるが、その人に「社長になれるチャンス」が無く又は、「その人に社長になれる器が無かった」という事になります。
基本的には、ビジネスは「人と人の繋がりでお金が発生している。」ものです。
人の気持ちが分からなくなるとビジネスは成功しないと思う。
なので、一度この「Amway」のビジネスをした時に成功するのは自分次第だと思ったし、失敗するのも自分の力不足(コミュニケーション不足)だと思いました。
人は自分が悪いのに自分のせいにしたくない為、「あのビジネスが悪い。辞めといた方がいいよ。」とすぐに言うが、自分の能力の低さを知るチャンスだと思います。

その「Amway」のビジネスを少しだけ挑戦した後に、地方で「カイロプラクティック院(整体院)」を開業したが、その「カイロプラクティック(整体院)」のビジネスでも同じで結局は「人対人」という事が分かった。「人対人」なので、「Amway」や私がしている「カイロプラクティック院(整体院)」はツール(方法・道具)でしかないと思います。
自分のコミュニケーション能力が低いことがわかって「Amway」ビジネスのせいにしている人が多いと思います。私もその中の一人です。
今、考えると「コミュニケーション能力が低かったなぁ。」と思い、「こんな状態では、何を始めても成功しない」という考えを「Amway」から学んだので、私が行っている(開業している)「カイロプラクティック院(整体院)」は何とか成功に向かっていると思う。

やはり、「ビジネス」は「人対人」で「コミュニケーション能力」の高い人が有利でしょう。

これは都会であっても、地方であっても同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です