独立起業の成功の鍵はなんといっても家族の支え

トラック起業

43歳Yさん男性

私は、大学卒業後、地方公務員をしていました。いわゆるバブル景気が崩壊したあとなので、長期安定した公務員というのはとても人気があって、誰からも羨ましがられたものでした。

しかし、外から見ていると仕事の内容そのものもとても楽そうに見えるらしいのですが、実際になかで働いているとそうとも言い切れないものがありました。

私は最終的には40歳を過ぎたあたりで辞めて、それまで持っていた資格を活かして中古のトラックを買って自分で運送業のようなものをするというまるで違う世界に飛び込んだのですが、公務員を辞める直接のきっかけは、人間関係等からくるストレスで休職せざるをえなかったことです。

公務員の世界は、非常に狭い世界なので、一度そういうレッテルを貼られるとずっとついてまわります。それでも、生活を支えるためには、仕方なく職についている方も多いのですが、そんな方のつらそうな姿はずっと見てきました。

そんな時に、公務員を辞めることを後押ししてくれたのは、妻でした。彼女はお父さんが、私と同じ役所に勤めていて、彼女自身も正規の職員ではないですが、同じ役所に勤めていたので、役所の特殊性みたいなものも理解してくれていました。

そして、休職している私に、「給料でたりない分は、みんなで切り詰めたりして頑張りましょう。なんだったら私も働きに出るから。とにかく元気になって、どこかで働いて!」と言ってくれました。

周りの誰もが、役所を辞めることに関しては難色を示すばかりでしたが、一番難色を示してもおかしくない彼女が後押ししてくれたのです。それまで、休職中も、早く復帰しなければとあせる気持ちと復帰した時のことを考えて、憂鬱な日々を過ごしていたのですが、この一言で随分と救われた気がして、心身の方もずいぶんと楽になりました。今でも、生活の不安とかはありますし、仕事もきついですが、自分や家族で処理したり我慢すれば済むことなので、以前に比べて随分と楽になりました。

やはり、独立や企業といった会社を離れることに対して一番大事なのは家族の理解や支えだと思います。